肉の雑学を少し…

牛肉でも部位によって、肉質や味がさまざまです。

部位の特徴を知る事で美味しいく楽しくいただけると思います。

肩からお尻にかけての背中の部分。牛肉の最高部位の名にふさわしい、きめの細かさと上品な甘み。

脂肪がとりわけ入りやすい霜ふりの柔らかい赤身肉で、ほどよい食感と濃厚な味が特徴です。

サーロインのおとなり、もっとも厚みのある部分で霜降りが入りやすい部位です。適度な脂肪分を含み、旨味があり、肉質もきめ細やかで肉の風味はトップクラス。

ロースの中でも最高部位である「サーロイン」は腰の部分のお肉。
適度な霜降りとやわらかさで、ヒレに次ぐ高級肉です。

牛のお腹あたりにある脂のよく入った部位「バラ」。
ジューシーなのにあっさり、濃厚な脂身の甘さと赤身の旨みをお楽しみいただけます。

1頭の牛からほんのわずか(3%)しかとれず、サーロイン、ロースと並ぶ高級部位です。とてもやわらかく脂肪が少ない上品な味が特徴です。

サーロインに続く、腰からお尻にかけての大きな赤身で、モモ肉の特に柔らかい旨みのある部分です。

後ろ足の付け根の部分です。内側を内モモ、外側を外モモといいます。
 内モモは内またにあたる部分で、脂肪が少ない赤身。

「シンタマ」は「内モモ」の下側にある球状のかたまりで、やわらかくきめの細かい赤身で脂肪分は最も少ない牛肉です。

 

 

やみつきfacebook☟

やみつき本店 MAP☟

やみつきRED MAP☟